ドリームキャストは250円、PSVITAなら買取価格は高いかも

今から13年前に一時期人気となっていたゲームを売った時の事について掲載していきます。
今から20年近く前、大手ゲーム会社SEGAから発売されたゲームが話題となりました。
それはドリームキャストです。
それまでゲームユーザーのほとんどがプレステに夢中になっていましたが、ドリームキャストが発売されると人気が割れる程の物でした。
特に当時SEGAの役員でドリームキャスト販売の責任者であった湯川専務自らがテレビCMに出演した事で一躍人気の人にもなりました。
プレステよりも画質の良さ等も人気となっていましたが、さらに特徴的なのは4人同時プレーが可能だった事です。それまでのゲームは2人プレーがほとんどとなっていたので、4人プレーが可能になった事で大勢で楽しめる事が可能となりました。
しかし、人気はプレステに持っていかれ、販売中止となりドリームキャストの時代はおわってしまいました。
私自身もドリームキャストで数々のヒット作をプレーしてきたのですが、ソフトを取り扱っている店舗もなくなりプレーする事もなくなりました。
それから数年後に自宅を新築する事になりいらない物を処分している時にあのドリームキャストが物置から出てきました。
夢中になって遊んでいた事もあり捨てるのは勿体ないと思い、ゲオにて売却する事にしました。
持って行ったのは本体1機だけだったのですが、査定時間は30分程掛かりました。
そして査定が終わったとの呼び出しがあり、提示された買い取り額を観て驚きました。
たったの250円だったのです。
心の中では2000円くらいにはと思っていたのですが、プレーする人すら居なくなっていたので妥当かと思い250円で手放しました。
たった250円の価値でしたが、私にとってはそれ以上の思い出を頂いたゲームでした。

まあ相当古いゲームなので安い査定額はしかたないでしょう。

当時で250円なので今だと買取すらしてもらえないかもしれません。

今なら、現行機種であるPSVITAなどは結構買取価格は高いでしょうね。

xn--psvita-855ju178a.com